症例の紹介

脊柱管狭窄症の影響で、足がとても痺れる 57歳 男性 建設業

(来院時症状)
動き過ぎると、足が痺れて痛み出してくる。しばらく休むと回復して痛みは無くなるが、痺れだけはなかなか回復しない。

(施術開始)
足の後ろの筋肉を伸ばすと、お尻から足の裏にかけて痛みと痺れが出る。股関節にも力が入らず、関節も引っ張ると緩くなっている。

イネイト検査を行う
・肋骨の位置異常
・横隔膜の異常反応
・仙骨の神経圧迫

この結果から、脊柱管の狭窄によっての神経圧迫よりも。仙骨での圧迫が強い可能性がある。また、肋骨の位置異常などから上半身の重みが分散されずに腰や仙骨に直接かかってしまっているのも神経に負担をかけていると考えられる。

施術後、肋骨の位置異常が正常になると、足の後ろの筋肉を伸ばした際に、お尻の痛みが少なくなったのを実感する。

(2回目)
少し歩きやすさを感じている。施術後、横隔膜が正常になる。足腰が軽くなったのを実感し、歩きやすくなったような感じがする。

(3回目)
施術後、仙骨の神経圧迫が消失し、足の筋肉を伸ばしても筋肉が痛くなったり、痺れたりしなくなる。股関節の力も入るようになり抜けなくなったのを実感する。

(4回目)
以前より歩きやすくなり、痺れや痛みが少なくなる。ほぼ、症状が無くなっているが、もう少し治療効果が馴染むまで施術を続けていく。